アフターピルやトリキュラーなどの避妊薬

アフターピルやトリキュラーなどの避妊薬

避妊薬の使用が広まってきました

今では一般的に知れ渡っているピル。ピルと言えば避妊薬を指すという事もご存知でしょう。ちなみに英語では「Oral Contraceptives」といい、頭文字をとってOCと呼ばれています。「pill」というのは錠剤のことも指しますので混同しないように呼び分けれられているのでしょうか?

話がずれてしまいましたが本題に戻りましょう。昔は避妊薬を使っているということは、貞操にも関わることから非常にイメージが良く無かったと思います。しかし時が経つにつれ、性犯罪の悪化や女性の社会的地位の台頭から、女性自身が身を守る、不要な妊娠を避ける為にも必要な手段として欧米から浸透するようになりました。

また、こうした不要な妊娠を避けるだけでなく、毎月訪れる生理から来る不調や更年期障害を緩和する働きももたらすことから、この薬を使った治療を行うことも一般化してきました。ピルに含まれているのは、女性ホルモンと同じ成分になります。女性ホルモンを外から取り入れることで、体内のホルモンバランスを調整します。その為、状況次第では避妊薬だったりホルモンを補充して更年期障害を緩和するという効果も齎すというのが簡単なピルの説明になります。

低用量ピルの使用ケース

ピルには2種類あります。1つは低用量ピルです。低用量という事もあり、毎日1錠ずつ同じ時間に服用するタイプで、1シート1か月分で販売されています。毎日取り入れることで、一時的に妊娠しにくいホルモン状態を保ちます。その為、毎月訪れるはずの生理による出血も非常に少なく、2~3日で終わってしまったり、無かったりという状態が発生します。

このことからも分かるように、生理前に訪れる精神的、身体的不調を緩和することも出来るため、低用量ピルは婦人科系の問題解消に使われています。更に、更年期障害の方の場合は、ホルモンが足りなくなるという状態に陥っていることから発症している症状の為、この薬を使ってホルモンを補うことで症状を和らげるという方法が用いられたりするのです。

低用量ピルの中でも人気のあるトリキュラー

低用量ピルの中でも人気のあるトリキュラー

勿論、妊娠を望む場合は薬の服用を止めることで、妊娠可能な状態に戻ります。そういった手軽に体調を切り替えることができるという点もこの薬の利点ではないでしょうか。また、この薬は多くの種類が販売されていますが、とりわけ人気なのがトリキュラーという商品のようです。

3つの錠剤がありそれぞれホルモンの含有量が違います。そのため体内のホルモン分泌に近くなるため副作用が起きにくく、人気を集めているのです。また21錠、28錠入りと2つのタイプがあるのでお好きな方を選んで下さい。使いやすい方で言うと28錠タイプになるでしょう。21錠は本剤なのですが、残りの7錠は偽薬になります。継続して服用が出来るため飲み忘れの可能性が著しく減ります。

アフターピルの使用ケース

アフターピルの使用ケース

もう一つはアフターピル。以前は中用量ピルが使われていましたが、現在はノルレボという完全に緊急避妊用としての商品が販売されました。アフターピルはその名の通り緊急時に使用する避妊薬とされています。先に説明した「望まない妊娠」の可能性がある場合、性交後72時間以内に服用することで避妊が可能と言われています。

しかしながら、妊娠の仕組み上、72時間以内ではなく早めに服用することが避妊の確率を上げると言われています。事実、規定時間以内に服用しても避妊できなかったという人は割と耳にします。その為、そうした危険を避けるべく、常備薬として持っている方もチラホラいるようです。こうしたピルをうまく使うことも、今の女性に求められることかもしれません。

避妊薬は通販で購入が可能です

避妊薬が以前に比べ一般的になったからとはいえ、やはり婦人科に行くのは抵抗がありますよね。アフターピルは致し方ありませんが、低用量ピルとなると話は別です。婦人科と言えば、まず検査をするというのが一般的。私も婦人科系の病気をしたことがあり、我慢に我慢を重ねた結果、緊急入院という状態に陥った人間でもあります。正直、あの診察は屈辱的に感じます。

しかし、病院側としては危険なく処方することが義務付けられていることもある為、診察を行うのが常となっています。検査の内容は、一般的には血液検査や体重、身長等の一般的な健康診断で行われていることになります。そして、婦人科検診も必須です。

避妊薬は先ほども伝えたように、女性ホルモンを投入します。投入することで悪化する、体内に悪影響を及ぼす可能性がある症状を持っている人に投与しては、本末転倒になります。そうしたことを含め、検査を行うのもやむなしかもしれません。しかし、今では薬も通販で手に入れる時代です。あくまでも自分は健康であって、避妊の為に使いたいという人、若しくは婦人科でのそうした検診はやっぱり嫌で避けたいという人は、こうした通販を使って購入するという方法もあります。

到着日時に注意をしましょう

到着日時に注意をしましょう

但し、通販サイトで取り扱っている商品は、殆ど海外で作られた商品になります。その為、海外から取り寄せることになる為、手元に届くのは7~14日位かかります。しかし、通販で購入する際の薬価は非常に安くなるのです。ご存知かもしれませんが、病院でピルを購入する場合は保険適用外になる為、1シート2500円~3000円ぐらいします。しかし、通販サイトで購入する場合、1シート1200~1500円位という本来の半額ほどで購入できるのです。

これはアフターピルについても同様のことが言えます。その為アフターピルの場合は、通販で購入する場合は「その時」が来てからでは遅くなってしまいます。そうならない為にも通販で購入する方法で検討している場合は、前もって準備しておくということで購入することをお勧めします。