低用量ピルの世代とは?

低用量ピルの世代とは?

血栓症のリスクを下げるために考案されました

度々文中に出てきます避妊薬の中で成分量が限りなく低い低用量ピルの世代について説明します。各項目で簡単に触れていますが、世代は黄体ホルモン剤の開発された世代であり、それがそのまま成分として使われている世代となりました。低用量ピルをはじめ避妊薬は黄体ホルモンと卵胞ホルモンとで作られていますが、当初のピルは卵胞ホルモン量が多いことから、血栓症や乳がん、肝障害のリスクが高まることから、WHOによって量を50mgに抑えるように勧告されてしまいました。

そこで卵胞ホルモンを50mg未満に抑えて、黄体ホルモン剤の量を増やすことで開発されたのが低用量ピルになります。その為、使っている黄体ホルモン剤の世代が低用量ピルの分類としても使われるようになりました。第1世代はノルエチステロンという成分になります。これは、血栓症等のアンドロゲン作用が少ないことから、副作用等がマイルドだということで根強い人気を持っています。代表的な商品がオーソという商品です。

第2世代

第2世代

第2世代は、レボノルゲストレルという成分を使っています。代表的な商品でも説明した、トリキュラーがこれに当たります。アフターピルアイピルノルレボにも使われていますね。先の卵胞ホルモン剤の量を守りつつ第1世代の黄体ホルモン剤の量を抑えて、もう少しはっきりした効き目を出すことが目的で開発されましたが、まさにその通りの作りとなったのが、この成分なのです。しかしながら、先にも書いたアンドロゲン作用というのが出てしまったのも、この世代でした。その為、この世代から相性というものが考えられ、適用されるようになったのです。

第3世代

第3世代

第3世代は、デソゲストレル、ゲストデンという成分を使っています。先の世代のアンドロゲン作用を弱めた上で、効果はそのままという課題をもって生み出されたのがこの成分です。代表的な商品で説明したマーベロンがこれにあたります。この世代も目標を達した成分の開発が出来たのですが、逆に血栓症のリスクは少し高まったとも言われています。

更に今では第4世代の成分も存在します。それがドロスピレノンという成分です。以前の世代よりもニキビの発生率等のアンドロゲン作用が非常に少なくなったと言われ、今までの低用量ピルが体質的に合わないという人に処方されています。代表的な商品がヤーズになります。

薬もやはり飲むものですので人によっては合う合わないと言ったものがあります。上記を参考にしてご自分に合う薬を見つけていただければ幸いです。