人気のアフターピル・アイピル

人気のアフターピル・アイピル

アフターピルのジェネリック医薬品です

ノルレボには、既にジェネリック医薬品が存在します。それがアイピルという商品です。この商品は、インドのムンバイに拠点を置くPiramal Healthcare社(ピラマル・ヘルスケア)が製造しました。インドはこうしたジェネリック医薬品製造の盛んな国で、多くのジェネリックを製造販売しています。この企業も例に漏れず、インドでは有名な製薬会社であることと同時にジェネリックの製造にも精通している企業です。

この商品はノルレボの後発剤という事だけあって、効果の高さにあります。アフターピルの役割というページでも記載しましたが、アフターピルは性交後服用が早ければ早いほど避妊の確率は上がります。この商品も同様に24時間以内に服用すれば、9割以上の確率で避妊を成功させることが出来るのです。

避妊以外の効果もあります

また、この薬は避妊だけでなく、生理の時期をずらすことも可能です。例えば、次に来る生理を前倒しにしたい場合は、生理の最終日とも言われる7日目から9日間続けて服用することで、服用後何日かして生理を起こさせることができます。逆に遅らせたいという場合は、来る予定の5日前位から生理を起こさせたい日まで続けて服用することで、服用を止めた後何日か後に生理がくるという方法です。そして、ジェネリックというだけあり、薬価の安さも特徴とも言えます。

アイピルの価格

アイピルの価格

通常ノルレボは2,000円~4,000円しますが、診察代を含めると1万円~2万円かかってしまいます。ですがアイピルは1,000円ほどで購入できます。服用方法もノルレボと同じく性交後72時間以内に1錠服用するだけでよいという手軽さがあることから、薬を貰う為に病院の受診待ちで不安と焦りを抱えながら時間を過ごすよりも、手元にあってその時服用するというだけでもかなり精神的な重圧からは逃れることができるでしょう。

このアフターピルは通販サイトでのみ購入が出来ます。海外医薬品であり、国内では承認されていないからです。ですが有効性の高さが口コミで広がっていることから、今ではアイピルを使う人が殆どです。また、一度危機的な状況を経験した人は、常備薬として購入していつでもそうした事態に備えているようです。もしものときを考えるととても頼りになるといえますね。