避妊薬を使えないケース

避妊薬を使えないケース

別の項目でも記載したように、低用量ピルが使えない人が残念ながらいます。この薬がホルモンを主成分とすることから、特に女性ホルモンに由来する病気を抱えている人がいる場合は、悪化をさせるだけになる可能性が高いという事も書かせて頂きました。それ以外にも、実は低用量ピルの成分には血液のある機能を強めてしまうという作用があります。それは凝固機能です。その為、血栓症になりやすいというのが、この薬の難点でもあります。この事を踏まえると、以下の人は服用できません。

35歳以上の喫煙者

35歳以上の喫煙者

タバコの成分は、血管を収縮させることで血行を悪くすることでも有名ですが、実は血液を凝固させやすくする作用もあります。 更に35歳以上になると、老化現象により血栓ができやすくなると言われています。その為、ダブルで状況を引き起こしやすい状態にある体調に、更に避妊薬を飲むとなれば、確実にぐっと副作用の確率が上がることは目に見えているでしょう。ちなみに、40歳以上の女性は喫煙・禁煙に限らず処方を控える病院も多いという事です。

血栓症を起こしたことのある人、若しくは血液が固まりやすい人

以前こうした病気にかかったことのある、若しくは血液が固まりやすいという体質の人は、間違いなく服用することでリスクが高まることから、服用が禁じられています。

高血圧や肥満にあたる人

高血圧や肥満にあたる人

高血圧や肥満に当たる人は、血中の血液がドロドロでまさしく血栓症を招きやすい状態になっています。その為、高脂血症も同様に血液の状態が良くない人は、低用量ピルの服用はしない方が賢明です。

女性ホルモンが由来の病気にかかっている人

特に乳がんや子宮頸がんは、女性ホルモンが元で発症している病気になります。その為、更に同じ成分を投与することは、悪化させることになる為、禁じられています。

重篤な病気にかかっている人

ガンもそうですが、先ほどから伝えている血栓症を招きやすい体の状態の人、またはホルモンを投与することで悪影響しか起こりえない病気の方は、服用できません。勿論そうした人は、通院している方も多いと思うので、服用する前にまず医師と相談することが賢明と言えます。