人気の高い避妊薬トリキュラー

人気の高い避妊薬トリキュラー

安定した効果を発揮するトリキュラー

低用量ピルには様々な種類があり、それに合わせて多くの製品が販売されています。特に日本で人気が高いのはトリキュラーという低用量ピルになります。この薬は第2世代と呼ばれる種類に属する商品で、3相性タイプ避妊薬です。誰でも知っていると言っても過言ではない、有名な製薬会社であるバイエル薬品が製造販売しています。

第2世代と3相性の詳細な説明は、また別の項目で行いますが、簡単に説明すると、第2世代と呼ばれるホルモン成分に当たるレボノルゲストレルを使っています。また3相性というのは、成分量が3段階に分かれており、服用する週によって違った成分量の薬が用いられることを表しています。

トリキュラーの服用で何が起こるのか?

トリキュラーの服用で何が起こるのか?

この薬の特徴としては、先の成分の作用で子宮内膜が安定することから、服用中に起こり得る不正出血が起こりにくくなることと、偽薬を服用している期間に生理がきっちり発生する点になります。その為、まず月経不順の方は、生理がきちっと来るように改善されますし、旅行等の生理が来てほしくない時期を特定して避けることも可能です。生理が来たからと言って、避妊ができないのではと不安に思う方もいるかもしれませんが、避妊の作用もしっかり働きます。

全般的に避妊薬に含まれるホルモンは、妊娠する為に必要な仕組みを司るホルモンの分泌量を控えさせます。そうすることで、卵巣内にある卵胞が熟成することが出来なくなる為、排卵が起こらなくなります。排卵が起こらなければ、精子と出会うことが出来ず、受精卵になりません。

着床

更に、子宮内膜という受精卵を着床させるために必要なベッドのような役割の部分をフカフカにしない為着床しづらくします。そして、極めつけは、子宮頚管という卵胞と精子が出会う場所に存在する粘膜の質を変化させることで、精子を侵入しづらくさせるという状態も作るのです。こうした作用から、避妊が行われるというのがこの薬の仕組みであり、作用になります。

そして、月経不順に加え、月経時の出血が酷くて大変だという人にとっても、出血量が減ることから貧血も改善しますし、ホルモンバランスが安定するので、ニキビなども減る人もいます。また子宮内膜症で悩んでいる方も、この薬を用いることで改善が可能です。これ以外でも、いくつか有名なピルについて、別項目で説明します。